文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

06-6718-2221

共和病院について

施設概要

病院名 医療法人同友会 共和病院
所在地 〒544-0021 大阪市生野区勝山南4丁目16番10号
連絡先 電話 06-6718-2221 / FAX 06-6718-2229
診療科目
  • 内科
  • 外科
  • 呼吸器内科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 循環器内科
  • 神経内科
  • 小児科
  • 整形外科
  • 泌尿器科
  • 皮膚科
  • 肛門外科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 人工透析内科
診療時間
  • 平日
    9:00 ~ 13:00(受付は12:30まで)
  • 土曜日
    9:00 ~ 13:00(受付は12:30まで)
  • 休診
    日曜・祝祭日・年末年始(12/30 ~ 1/3)
病院長 辺 秀俊(へん ひでとし)
病床数 許可病床数 199床
急性期一般入院基本料5  (32床)
地域包括ケア病棟入院料1 (44床)
療養病棟入院基本料1   (84床)
施設基準

基本診療料

  • 急性期一般入院基本料5
  • 療養病棟入院基本料1
  • 救急医療管理加算
  • 診療録管理体制加算2
  • 医師事務作業補助体制加算2
  • 急性期看護補助体制加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算2
  • 感染防止対策加算2
  • 人工腎臓(導入期加算・下肢末梢静脈疾患指導管理加算)
  • 透析液水質確保加算2
  • せん妄ハイリスク患者ケア加算
  • 後発医薬品使用体制加算3
  • データ提出加算1
  • 入退院支援加算1
  • 認知症ケア加算3
  • 地域包括ケア病棟入院料1

特掲診療料

  • 糖尿病合併症管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 糖尿病透析予防指導管理料
  • ニコチン依存症管理料
  • がん治療連携指導料
  • 薬剤管理指導料
  • 小児科外来診療料
  • 外来化学療法加算2
  • 医療機器安全管理料1
  • 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む。)に掲げる手術
  • 胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 輸血適正使用加算
指定
  • (財)日本医療機能評価機構認定病院(3rdG:Ver2.0)
  • 日本整形外科学会専門医制度研修施設
  • 日本外科学会外科専門医制度関連施設
  • 救急告示病院
  • 身体障害者診断認定施設
建設情報
  • 敷地面積 2,145.29平方メートル(649坪)
  • 構造及び環境 鉄骨・鉄筋コンクリート造(地下1階・地上8階)
  • 建設面積 1,418.73平方メートル(429坪)
  • 建設延面積 9,044.73平方メートル(2,736坪)

沿革

1967年

医療法人同友会設立
生野区新今里病院開設(32床)

1978年

大池橋に新築(現北館)移転

1985年

共和病院南館増築

1998年

生野区巽中に介護老人保健施設
ハーモニー共和を開設

1999年

訪問看護ステーションきょうわを開設
共和病院の3階4階103床を療養型病棟に転換

2006年

共和病院(財)日本医療機能評価機構認定病院に認定(Ver.4)

2010年

平野区に社会福祉法人共和福祉会を設立

2011年

特別養護老人ホーム万寿苑開設
日本医療機能評価機構認定病院に再認定(Ver.6)

2012年

全館改修工事着工

2013年

改修工事就工 病棟再編211床に

2016年

電子カルテシステム導入

2017年

創立50周年
サービス付高齢者住宅
メディケアホームきょうわ開設

2021年

大阪府新型コロナウイルス感染症重点医療機関指定
財団法人日本医療機関機能評価機構認定病院に再認定(3rdG:Ver2.0)

 

医療DX推進体制の整備について

当院では、医療DX推進体制整備について以下の通り対応を行っております。

1.オンライン請求を行っております。

2.オンライン資格確認を行う体制を有しております。

3.電子資格確認を利用して取得した診療情報を、診察室で閲覧又は活用できる体制を有しております。

4.マイナンバーカードの健康保険証利用の使用について、お声掛け・ポスター掲示行っています。

5.医療DX推進の体制に関する事項及び質の高い診療を実施するための十分な情報を取得し、及び活用して診療を行うことについて、当該保険医療機関の見やすい場所及びウェブサイト等に掲示いたします。

診療情報を取得・活用することにより、質の高い医療の提供に努めています。