糖尿病指導

糖尿病指導

diabetes

糖尿病とは

診察風景

糖尿病は、血液の中の糖分が多くなりすぎて全身の血管や神経が傷害される病気です。
糖尿病が恐ろしいのは、放置すると失明したり、腎不全になって、血液透析を受けなければならない状態になったり、動脈硬化が健常者よりも、10年くらい早く進んでしまうために、脳血栓や、心筋梗塞、足の壊疽にもなりやすくなることにあります。出来るだけ早期に発見して日常生活でしっかりと血糖値をコントロールするための対策を立てることで、これらの恐ろしい合併症を防ぐことが出来ます。
身内に糖尿病の人がいる、あるいは比較的に若くして脳血栓や心筋梗塞になった人がいる場合は、定期的に糖尿病の検査を受けるようにして下さい。

食事と運動

治療はまず食事療法です。何を食べても良いのですが、バランスよく、量は腹八分目を心がけましょう。
野菜→おかず→ごはんの順で食べるようにしましょう。甘いものやアルコールは出来るだけ控えて下さい。男性はアルコール、女性は間食に用心が必要でしょう。薄味にすること、よく噛むことも大切です。

運動は無理のない続けられる運動をしましょう。うっすらと汗が出るくらいの歩行を一日に2回くらい出来ればよいでしょう。エレベーターなどは使わずに階段を使うようにしましょう。ラジオ体操、家事なども有効です。

インスリン治療

食事と運動の基礎治療をしっかりして十分でないときにインスリン治療、内服治療を行います。
内服治療は量を少なめに膵臓を疲労させないように使います。新薬がいろいろと出ていますが、副作用に注意しながら特色を生かすように使います。インスリンをいやがる患者さまが多いのですが、インスリンは糖尿病の薬の中で一番歴史があり、基本の薬です。
医師からの勧めがあれば、早く使って早く状態をよくするのが得策です。

定期的に受診しましょう

診察風景

糖尿病を早く発見して合併症をおこさないように、不幸にして合併症を発症したら出来るだけ進行しないように、一緒に頑張りましょう。

糖尿病は、病気というより体質といいかえてもいいでしょう。その体質は一生続くわけで、治る病気ではありません。しかしコントロールさえしっかり行えば合併症を防ぐことが出来ます。

糖尿病はこれといった症状がないために診察を怠りがちになってしまう方がいます。糖尿病外来では患者さまが定期的に診察できるように予約制としていますので、決められた日には必ず診察を受け、血糖のチェック、コントロールに努めて下さい。
医師の指示によりインスリン治療をする場合がありますが、練習すれば誰でも大丈夫、すぐにできるようになります。注射の練習には3~4日通院していただき、薬剤師と看護師が出来るようになるまで一緒に練習しています。

糖尿病は治る病気ではありませんが、悲観せず、病気を正しく理解して仲良くつきあっていくことが大切です。
頑張ってコントロールにつとめましょう。本院では医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、検査技師等とともにチーム医療に努めています。

診療表

糖尿病指導の診療表(9:00~12:30)

受付時間
糖尿病指導
予約制
李 輝雄
⑥診
山西 隆章
②診
      松木 恒太
②診

医師紹介

Doctor
李輝雄(り ひうん)医師

李 輝雄(り ひうん)医師

大阪大学医学部出身

資格

  • 日本糖尿学会認定 糖尿病専門医
  • 日本内科学会認定 内科医

山西 隆章(やまにし たかあき)医師

京都府立医科大学 出身

健康教室で糖尿病と上手な付き合い方を学ぼう

Health educating class

共和病院カンファレンスルームにて定期的に健康教室が開かれています。
健康教室では糖尿病をコントロールするための「食事学」や「運動療法」、「治療薬と副作用」「低血糖と血糖自己測定」など、糖尿病と上手に付き合っていくための様々なことを勉強することができます。

健康教室に関するご相談・お問い合わせは医療相談室までご連絡下さい。

06-6718-2221 06-6718-2221 (内線308)

受付時間

受付時間
午前の部
9:30~12:30
可能 可能 可能 可能 可能 可能
午後の部
14:00~16:00
可能 可能 可能 可能 可能  

診療科・特別指導のご案内

Sections

各診療科・特別指導のページへ移動します。

このページのトップへ戻る