スタッフ紹介

患者様と向き合える看護師になるためにこの仕事を突き詰めていきたいと思います。

道下 瞳(看護師)  年入職

道下瞳さん

看護師になろう、ということにこれだ!といえるような大きなきっかけはなかったんです。周りに看護師の身内や知り合いがいたわけでもなくて、小さいころから漠然と、それも「注射器もってかっこいいから」というような他愛もない理由でなりたかったのが看護師さんという感じでした。そんな感じで中学校を卒業する時には、もう看護師になろうと進路を決めていて衛生看護科のある高校に進学し、5年間で看護師になりました。

学校生活は充実していましたが、実習病院では現実を目の当たりにしました。実習生の私たちは一人の患者様の情報をいっぱいもらって入念な準備をして観察してケアをして、とじっくり取り組むのですが、その姿を横目で見ながら、現場のナースたちはたくさんの患者さんのケア、処置、点滴、移乗や申し送りなど入れ代わり立ち代わり動いていて、私たちがやっていることとはまるで次元が違うように思えました。あんなふうにやっていけるんだろうかと不安は覚えつつも、でも自分たちが看護師になったらどのような現場でも患者さんとは絶対に向き合いたいという強い思いを友人たちと共有しました。

学校を出て地元北海道の大病院に就職しました。現場に入ったらやっぱりとにかく業務が多くてあわただしかった…先輩も厳しくてよく鍛えていただきましたし、基本を教えていただいたと感謝しています。ただ急性期の病棟だったので友人たちと誓った患者様と向き合いたいという思いについて葛藤することが多かったです。患者様が亡くなられた時には「もっと口が利ける間に会いたい人と話をすることができればよかったのに」とか「もっと何かしてあげることはなかっただろうか」といろいろな思いがよぎって無力感を感じました。ただ、忙しいからと患者様に邪険にふるまうようにだけはならないように、と強く思っていました。

2年と少し働いた後、事情があって大阪に引っ越すことになりました。大阪で仕事を探すとき、患者様と向き合えるように、少しでも患者様の病態の過程が見られる職場をと希望しました。いくつかの病院を見学した結果、共和病院に入職したのが2015年の12月です。家から便利というのも決め手となりました。

配属されたのは5階の外科病棟。これまで循環器しか経験がなかったので、整形外科と消化器外科の患者様の多い当病棟ではわからないことだらけです。先輩ナースたちは「今からこの処置やるから見においで!」と声をかけてくれます。知らない処置ややったことのない手技があったらとにかく見ることからという積極性をもつことの大切さを学びました。今は自分から「見せてください」と動くようにしています。とはいえ、実際経験不足なので、新しい処置などを「これできるからやってみて」と言われると「ええっ!」とパニックになるんですが、見た目ではそう見えないらしくて「道下さんなら大丈夫」なんて言われてチャレンジしています。

私はあまり大きな病気をした経験がありませんが、もし自分が急に病気で入院しなくてはならなくなった時の不安はどんなだろう、と思うんです。病気のことも不安だし、病院の仕組みについてもよくわからなくて何もかも不安だと思うんです。

そうした不安の中には少し気配りするだけで取り除けるものもあります。自分は歩くことができるからナースコールを押してはいけないんだと思っている方がいて、「不安だったら押してもいいんですよ」と一声そえることだけですごく安心していただいたこともありました。患者様がどういうことが心配でどういう不安をかかえておられるか、それに少しでも気づくことができるようになりたいと思っています。ちょっとしたことでも患者様に気持ちを楽にして療養に専念できるようになっていただく、患者様に一瞬だけでも自宅で過ごしているようにリラックスしていただけるようにという思いで、声掛けすることを大切にしています。

患者様の立場に立って看護ができる、患者様と向き合える看護師になるためにこの仕事を突き詰めていきたいと思います。

このページのトップへ戻る