スタッフ紹介

この仕事のおかげで人にやさしくなれました

竹中将太(看護師)  年入職

竹中将太

看護師になりたいと思ったきっかけは、同居していた祖母を母が介護する姿を見て、自分も何か手伝いたい、役に立ちたいと思ったことからでした。高校2年のときには看護学校に進学しようと進路を決めていました。

看護学校に入ると初めは勉強ばっかり、専門用語だらけでこれは大変だと思いましたが、実習に入ってからほっとしたように記憶しています。少しずつでしたが、実習で体験することが授業で習ったことにつながっていると気づいたときに「看護って奥が深いんだ」と実感できて、実習を通して看護を目指してよかったと感じることができました。

最初に就職した病院ではさまざまな診療科で急性期から慢性期まで体験させていただきました。そんな中であわただしくて患者さんと向き合う時間的余裕がない急性期病棟よりも療養型病棟か施設で働くことが自分に向いていると思うようになりました。

そんな中、縁があって共和病院に入職し、介護療養型病棟に配属されたのですが、当院の特徴は職員同士のつながりが強いというか、みんな顔見知りのように挨拶を交わすことにまず驚きました。前の職場が規模が大きかったこともあるでしょうが、それでも部門を超えて仲が良いのは当院の特色だと思います。でもみんな知り合いと思うと、悪い印象をもたれてもすぐに広まるんじゃないか…?そう考えると気が抜けないというのも確かかもしれませんね。

当病棟は以前経験した病院よりも末期の患者様やそのご家族の方が、誤嚥の危険性があっても何とか「最期まで自分の口で食べたい」と希望される方が多いという印象も持っています。私たちもできる限りその希望に沿うことができるよう援助を続けています。

この仕事をしていてよかったと思うのは、「人にやさしくなれた」こと。妻もナースなんですが、街中でもお年寄りが困っている場面に出会うと、自然に手を差し伸べたり、声をかけたりできるようになったことです。そうしたことがしばしばあるのも世の中の高齢化が進んでいるからでしょうね。

しんどいなあと思うときはやはり患者様がお亡くなりになるとき。患者様ができるだけ安楽な状態で看取る、ご家族の気持ちによりそうということも重要な仕事なんですが、つらい気持ちになりますし、まだまだ自分の未熟さを痛感します。
患者さんにやさしく接すること、信頼されるナースになることを目標に頑張りたいと思います。

プライベートでは、昨年、双子の娘の父親になりました。家族が増えて幸せいっぱい!ですが、妻の偉大さが身にしみてわかるようにもなりました。

このページのトップへ戻る