スタッフ紹介

現場は大変ですがやりがいがあります

江端 志朗(看護師)

江端 志朗

看護師になろうと思ったのは、子供の時、入院したことがあって、そのとき男性の看護師さんが親身になって励ましてくれた経験がきっかけでした。はじめは働きながら資格を取るつもりで当院に就職し、准看護学校を受験するつもりだったのですが、准看護学校が少ないうえに男性にとってはさらに狭き門であることを知って、一旦退職し、全日制の看護学校で学んで看護師になって復帰したんです。

看護師として勤務してからは6年目になります。仕事について思うことは、コミュニケーションと確認が最も難しいということです。患者さんとのコミュニケーションにおいてこの対応だけ身につけておけば大丈夫、なんてことはどんな教科書にも載っていません。ある人にはよい対応だと思ったことが別の患者様には全く通じないといったことが多々あります。「治るんやろか…」「どうしたら楽になるんやろか…」という問いかけに対して、「大丈夫」などの気休めの言葉は時に患者様を傷つけ、治療効果に影響を及ぼしてしまうといったこともあるんです。患者様と接する中でその人をよく知り、どうすればその患者様が一番安楽に過ごせるかを寄り添って一緒に考えていくしかありません。そこにこの仕事のむずかしさがあるのと同時に、そうしたプロセスを経て患者様に少しでも信頼していただけたと実感できることが醍醐味です。

男性看護師は何かと目立つので患者様にはよく覚えていただけるんです。退院される際に「あの兄ちゃんのおかげでようなったわ」とか言っていただけると最高の気分になります。
今年は外科病棟にうつってきて手術が多いので仕事はあわただしくなりました。麻薬の管理等ミスが許されない仕事には緊張しますが、テキパキこなす専門知識の高い先輩たちの姿を見ると自分はまだまだだと思って、家に帰って医学書を開くんですが、そのまま寝てしまうことが多く、勉強の習慣をつけないといかんなと思っています。それと今年、当院は准看護学校の実習病院になることになって、学生指導のメンバーに選ばれたんです。初めてでどうすればいいのか頭は真っ白なんですが、男性が多いと聞いているので自分の経験が役に立てればと思います。

学生さんは実習で大変だと思いますが、実は現場はもっと大変で、だけれどもそれを乗り越えると本当にやりがいのある素晴らしい仕事だと言うことを僕なりに伝えていきたいと思います。

このページのトップへ戻る