スタッフ紹介

患者様と親身になったコミュニケーションがとれるナースを目指します。

小渡 里穂(准看護師)

小渡 里穂

父が入院した時、接してくれた看護師さんのやさしい姿とかではなくて、少し我の強い父に臆することなく堂々と接している姿に「ああ、かっこいいなあ」と思ったんです。はたらきながら資格を取るため入学した准看護学校の同級生で共和病院の職員の方がいて、家からも近かったので2年生の時に入職しました。

学校に行っている間、まわりは「学校に仕事に育児にと大変でしょう。」と気を使ってくれるんですが、それについてはこれまでもずっとこんな感じだったので苦には思いませんでした。でも、それよりも准看護師になってからの責任の重さは身にしみて大変でした。注射の手技、点滴の時間、モニターのアラームなど、ひとつひとつが命に直結しているし、気が抜けません。

心にゆとりがなくて患者様と時間をかけて接するということがついおろそかになってしまうんですが、あるときリハビリを拒否される患者様と時間をかけてお話ができたことがあって、「いたくて、つらくて」とリハビリのつらさを訴える患者さんの話を「そうなんですか」とお聞きすることしかできなかったんですが、話を終えると患者さん自ら「でも歩けるようにはなりたいし、リハビリはそのためにするんやもんなあ」と納得され、「リハビリに行く」とおっしゃってくれたんです。
リハビリが必要なのはわかっておられる、でも気持ちをわかってもらっていない、ということだったんじゃないかと思いました。「もっとゆっくりリハビリしてもらえるようわたしから頼んでみましょうか」と尋ねると「いや、自分で言うわ」と言って積極的にリハビリに取り組まれるようになったんです。

患者さんのお話をゆっくり聞くことはすごく大切なことなんだと改めて思いました。検温でまわったときに気になる様子だった患者さんのことを覚えておいて、お昼の合間に尋ねてみたりすることを心がけています。でもいつもできるわけではないという現実もありますし、言葉を発することができない患者様の気持ちをどのように察知していくのかなど看護のコミュニケーションは本当に奥が深いと思います。

共和病院は地域の患者さんが多く、患者様と職員が親密で暖かい雰囲気があります。長く勤務しているベテランナースが多いので、安心感がありますし、わかりやすく教えてもらえていると思います。処置の手順なども詰所でわかりやすくファイリングしてあって勉強しやすい環境があります。
知識、技術を身につけて先輩たちのように患者様のことで意見を交わせるようになりたいと思います。はじめにあこがれた堂々とした看護師像よりも患者様に寄り添い、どんな患者様とも親身になったコミュニケーションのとれる看護師になりたいと今は思っています。

このページのトップへ戻る