医療機関の方へ

紹介患者様の受け入れについて

Acceptance

当院では、地域の紹介患者様の受け入れを円滑に進め、紹介医療機関の先生方への情報提供などの連携を図ることを目的に「地域医療連絡室」を設けております。
紹介患者様におかれましては、当連絡室において予約診療・検査、入院の手続きを迅速に対応させていただきますのでご活用ください。

地域医療連絡室

Local medical liaison
業務内容
  • 紹介患者様の受け入れ窓口
  • 地域の各医療機関との連絡調整窓口
  • 受診、検査結果などの各紹介医療機関への報告
  • 診察一覧表など、医療情報の提供
業務時間

【平日】
【土曜日】

  • FAXは24時間対応となっていますが、受付時間終了後に受信したFAXの調整は、翌診療日となります。
  • 日曜日、祝日、年末年始(12月30日~1月3日)は業務を行っておりません。
  • 時間外・休日の場合は共和病院代表電話(06-6718-2221)をご利用ください。
設置場所 南館2階 地域医療連絡室(医療福祉課内)
担当:洪 東基(医療福祉課 課長)、沈 美福
直通TEL:06-6718-2225
直通FAX:06-6718-2200

紹介の手順(外来診療・検査予約)

Flow

①紹介状(診療・検査申し込み依頼書)をダウンロード

まずは当院の紹介状(診療・検査申し込み依頼書)をダウンロードして下さい。

②紹介状(診療・検査申し込み依頼書)を当院へFAX

紹介状(診療・検査申し込み依頼書※様式1)に必要事項を漏れなく記載して頂き、FAXにて当院へ送信してください。

紹介状は別のものでも構いませんが、その際は保険情報を添付して下さい。

FAX送信先

06-6718-2200

③地域医療連絡室にて担当医と日程調整

予約通知書(様式2)

来院日時のご連絡のため、当院より予約通知書(様式2)を貴院へFAX致します。
また、当院より内容確認のご連絡を差し上げる場合もございます。

④受診検査当日

紹介状等を初診受付にお渡し頂きます

紹介患者様に当院へお越し頂き、紹介状等を初診受付にお渡し頂きます。初診受付は正面玄関から入館して頂き、すぐ左手側にございます。

また、下記の持ち物をご持参頂くよう紹介患者様にお伝えください。

持ち物

  • 紹介状(診療・検査申し込み依頼書)(様式1)
  • 予約通知書(様式2)
  • 健康保険証・医療証
  • レントゲンフィルム等
  • 当院の診察券(お持ちの方のみ)

⑤ご報告

ご紹介患者様来院報告書(様式3)

ご紹介患者様来院報告書(様式3)を当院からFAX致します。
また、検査結果は所見結果が出来上がり次第送付致します。
診療情報提供書は患者様に直接お渡しする場合と、後日お届けする場合がございますので、予めご了承下さい。

緊急入院のご相談

Hospitalization

①まずは地域医療連絡室へお電話ください

患者氏名、性別、生年月日、性別、症状(病名)、ADL、認知症の有無など基本情報を担当者にお伝え下さい。

お問い合わせ先

06-6718-2225 06-6718-2225 (地域医療連絡室)

②診療情報提供書を当院へFAX

お電話にて患者様の基本情報をお知らせ頂いた後、医療情報提供書をFAXして下さい。

FAX送信先

06-6718-2200

③地域医療連絡室にて担当医師と入院調整

可能な限り対応させて頂きますが、患者様の病状や空床が無い場合はお断りさせて頂くことがございます。

④入院可否のご連絡

入院可能となった場合、搬送方法、到着予定時刻などをご連絡ください。

各検査における注意事項

Notes

実施する検査に関して、予め患者様に注意事項をご説明頂けると幸いです。

MRIクリックして確認する

  • 検査室内に金属製のものは持ち込めませんのでご注意下さい。
  • 補聴器、腕時計、携帯電話、磁気カード(キャッシュカード、テレホンカード、定期券等)などの精密機器は破損する恐れがあるので特にご注意ください。
  • 安全手技上の問題により、心臓ペースメーカー装着の方やMRI非対応の動脈瘤の手術歴のある方は検査を受けることができません。
  • 体内に金属物(心臓人工弁、手術クリップ、人工関節等)がある方、妊娠中の方、入れ墨(眉なども)を入れている方は検査を受けられない場合がありますのでお知らせ下さい。

腹部、骨盤腔内検査、造影検査の場合

  • 検査前3時間絶食です。
  • 水分(水、お茶)は制限がありません。

MRCP(膵胆管撮影)

  • 検査前3時間絶飲絶食です。
  • 水分(水、お茶)は検査1時間前からは絶飲です。

CTクリックして確認する

腹部、骨盤CTと造影CT、ダイナミックCTの場合

  • 検査のの3時間前から絶食です。水分(水・お茶)は制限がありません。

DIC-CTの場合

  • 検査の6時間前から絶食です。水分(水・お茶)は制限がありません。

骨盤検査の場合

  • 1時間前から排尿(おしっこ)を控えて下さい。

その他の部位(頭部、頸部、胸部など)の場合

  • 食事、水分の制限はありません。

食道・胃透視クリックして確認する

  • 検査前日の夕食は軽めにとり、22時以降は絶食です。
  • 水分(水、お茶)は検査3時間前から絶飲です。
  • 検査時に抗コリン剤を投与するため、心疾患、緑内障、前立腺肥大症をお持ちの方は検査前にお知らせ下さい。

注腸透視クリックして確認する

  • この検査は前処置に検査食と下剤が必要なため、受診後の予約となります。
  • 検査時に抗コリン剤を投与するため、心疾患、緑内障、前立腺肥大症をお持ちの方は受診時にお知らせ下さい。

上部消化管内視鏡(経鼻内視鏡検査)クリックして確認する

  • 検査前日の22時以降から絶食です。
  • 水分(水、お茶)は制限はありません。
  • 血圧のお薬を飲まれている方は検査時間の2時間前までに服用して下さい。
  • 抗凝固剤、抗血小板剤などの薬剤を服用されている方はお知らせください。
  • 鼻から胃カメラが挿入困難な場合は、口からの胃カメラへと切り替えます。

大腸内視鏡クリックして確認する

  • この検査は大腸に便が残らないように食事制限や下剤が必要なため、受診後の予約となります。
  • 抗凝固剤、抗血小板剤などの薬剤を服用されている方は受診時にお知らせください。

超音波(腹部・心臓・その他)クリックして確認する

上腹部検査の場合

  • 前日の夕食を早めに取り、22時以降は絶食です。
  • 水分(水、お茶)は検査の1時間前から絶飲です。

骨盤腔内の検査の場合

  • 1時間前から排尿を控えて下さい。

その他の部位(心臓、乳腺、甲状腺など)の場合

  • 食事可能です。

ホルター心電図クリックして確認する

  • 日常生活中の心臓の働きを把握するため、24時間心電計を装着します。
  • 入浴、シャワーはできませんが、その他の日常生活は普通に行えます。
  • 電気毛布は使用しないでください。

介護支援連携

Care support

在宅でケアプランご利用されていた患者様の場合、入院早期に在宅での状況を病院側が把握させていただくことによって、治療後スムーズに在宅もしくは施設等の方向性を決定することが可能となります。つきましては、各介護支援事業所の書式でも結構ですので「ケアマネサマリー(利用者情報連携シート)」を提出していただけると助かります。
書式がない場合は、当院の書式をダウンロードしてご利用ください。

介護支援連携の手順

介護支援連携の手順
このページのトップへ戻る