ヘルシープラザ

「B型肝炎ウィルス検査」受けましたか?

昭和23年から63年までの間で、満7歳になるまでに集団予防接種やツベルクリン反応検査を受けた方は、B型肝炎ウィルス感染の可能性があります。
B型肝炎ウィルスに感染しているかどうかは、肝炎ウィルス検査でわかります。職場などの健康診断で肝炎ウィルス検査を受ける機会がない方は、お住まいの市町村での地域検診や都道府県等の保健所で検査を受けることができます。
これらの集団予防接種等により、B型肝炎ウィルスに感染された方(これらの方々の相続人を含みます。)に、病態に応じて50万円から3,600万円の給付金等を支給する仕組みがあります。

詳しくは、http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201206/3.html

厚生労働省健康局結核感染症課 B型肝炎訴訟対策室

このページのトップへ戻る