ヘルシープラザ

ハーモニー共和だより

【松餅(ソンピョン)作り】

日に日に秋が深まる季節、韓国の圓佛教大阪教堂の金法照(キム ポッチョ)さんを含むボランティアの皆さんがハーモニー共和に来てくれました。
春には「コリアン文化交流」として、チマチョゴリの試着や韓国のすごろく遊びで楽しませてくださいましたが、今回は松餅(ソンピョン)という韓国のお餅を作りに来てくださいました。松餅とは米粉の生地に餡を包んで月型(満月または半月)にし、松の葉を敷いて蒸したお餅です。韓国では松餅を上手に作ると可愛い女の子を産めると伝えられているそうで、秋夕の前夜、家の娘たちが競って松餅を作るそうです。地方によっても形が違ったりするようで、当日はそれぞれ違った形の松餅が出来上がりました。ある利用者さんは、家の庭に咲いた花をモチーフに楽しそうに作っていました。韓国の済州島から持ってきてくれた米粉で生地を作り、金さんが京都のお寺でもらってきた松の葉を敷いてお餅を蒸しました。松餅の中身はあんことゴマ黒糖の2種類で、素朴な甘みでとてもおいしく、利用者さんも大変喜んでおられました。

【いつも笑顔をありがとう!】

ハーモニー共和には毎月、生野フランシスコ学園の園児達が遊びにきてくれています。 孫のような子どもたちと一緒に歌を歌ったりゲームをしたりして、いつも楽しませてもらっています。その日頃のお礼にと思い、ぞうきんクラブで縫い上げたぞうきんをプレゼントするために保育園を訪問してきました。プレゼントがぞうきんだけでは園児達には少し寂しいかなと思い、スタッフでアニメ「妖怪ウォッチ」のダンスを披露しました。

これが予想以上に子どもたちに大ウケで、園児全員総立ちで一緒に踊ってくれました。プレゼンターとして一緒に訪問したぞうきんクラブの利用者さんも大変楽しんでいた様子で、とても素敵なひと時を過ごさせていただきました。

ハーモニーだより

このページのトップへ戻る