ヘルシープラザ

2018年を迎えて

2018年・平成30年を迎えるにあたり、地域の皆さまに新年のご挨拶を申し上げます。

皆さんにはすがすがしい気分で新年を迎えられたことと存じます。

昨年は病院創立50周年の節目の年で、長きにわたるご支援に感謝しながら、私たちは今年も地域の医療・介護活動に尽力したいと思います。

国外に於いては昨年1月のトランプ米国大統領就任後の言動に振り回され、混迷の世界が広がりました。アメリカ第一主義を掲げTPP、ユネスコ、地球温暖化対策のパリ協定からの離脱、イスラエルの首都としてエルサレムを認める等々、従来民主党政権が敷いた国際協調路線から逸脱しょうとしています。

国内では昨年10月に総選挙がありましたが依然として変わらぬ状況が続いています。

日本国の課題である膨れ上がる借金、長時間労働是正や子育て支援、少子高齢社会、格差解消など議論が深まらないまま「安倍一強」時代が今後も続いていくようです。

今年は診療報酬と介護報酬が同時に改定されます。社会保障審議会の基本方針は「人生100年時代を見据えた社会の実現」をめざし健康寿命の延伸と効果的・効率的な医療体制の構築に重点が置かれました。国家予算の1/3を占める社会保障関連費用は今後の高齢者人口の増加によりさらに膨れ上がりますので、医療・介護へも当然しわ寄せは来ます。

今年は自然に増加する費用を薬価の切り下げで圧縮したようですが、今後の改定では後期高齢者の窓口負担引き上げ、湿布や塗薬の保険給付見直し等も検討され、医療提供体制の整備方針として重症者は大病院、軽症者は地域の診療所や病院へと役割分担されようとしています。その一環として紹介状なく大病院へ受診しますと数千円の負担が生じますが、大病院の基準を現行の500床から400床以上の病院へと拡大される予定です。

地域包括ケアシステムの推進は2025年の実現を目指した方針ですが、高齢者人口はその後も10年~20年の間増大して行きます。

医療法人同友会は共和病院を中心に老人保健施設、訪問看護ステーション、特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者住宅と整備してきました。

地域の高齢者が住み慣れた地域で人生を全うしていただくことが地域包括ケアの目標、私たちは病院・関連施設の機能を強化しながら地域の医療・介護施設と共に一人一人の病状に応じて継続的な治療・ケアを提供し、地域包括ケアの一翼を担って行きたいと思います。

本年もよろしくお願いします。

理事長 辺 秀俊

このページのトップへ戻る