入院生活ガイド

病棟案内

Guide

共和病院では、入院患者様が入院生活を少しでも快適に過ごして頂けるよう、設備や看護体制を整え、日々改善する努力をしております。

病室

7F病室
料理説明風景01

明るくて落ち着いた雰囲気の病室は4人部屋もお一人当たり6.4㎡のゆったりとした間取りでゆっくりと療養生活を送っていただけます。
お食事は栄養管理のみでなく、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいままで、少しでもおいしく召し上がっていただくために工夫を凝らしています。管理栄養士による栄養指導も行っています。

お薬ボックス

病棟薬剤師による服薬指導にも力を注いでいます。毎日のお薬も飲み忘れや間違いのないように工夫をしています。

入浴

機械浴室
個室シャワー室

共同利用型の浴室、おひとりで利用いただけるシャワールームに加え、2機のリフト付介護浴槽を装備し、介護度の高い患者様にも安心して清潔にお過ごしいただけます。

共有スペース

病棟通路

ロビーの装飾はスタッフの手によるものなので病棟ごとに趣が違います。闘病生活を送る患者様に少しでもおくつろぎいただけるように、思いを込めて。

きれいなトイレ

衛生的で少しでも快適な療養生活を送っていただけるよう、清潔で明るい療養環境つくりにつとめています。

入院生活の注意事項

Note

病院敷地内全面禁煙

当院は地域の保健、医療を担い、患者様の健康増進のため、病院敷地内を全面禁煙としています。
※入院時にはタバコをもちこまないようにお願いいたします。入院中、敷地内での喫煙が発覚した際には、退院していただくことがございます。

病室内での電化製品の使用

病室内で電化製品をご使用になる場合は、事前に看護師までお申し出ください。パソコン、携帯電話、ゲーム機のご使用は医療機器への影響や他の患者様のご迷惑となりますのでご遠慮ください。

貴重品の管理

盗難防止のため現金、貴重品はなるべく持参なさらないようにお願いいたします。床頭台の鍵が必要な方は詰所までお申し出ください。また、検査・リハビリ・入浴・トイレなどで病室を離れる際は特にご注意ください。
万一、盗難や破損にあわれた場合、当院では責任を負いかねますのでご了承下さい。

他医療機関の受診

入院中の患者様が他の医療機関を受診されるのは、厚生労働省の通知により原則禁止されています。他の医療機関を受診される場合(お薬のみを取りに行かれる場合も同様です。)は、必ず看護師にお申し付けください。

入院生活の心得とお願い

Point

  • 病室内では、他の患者さまの安静を妨げないよう、ご協力をお願いいたします。
  • 入院中は病院の規則、医師や看護師および職員の指示に従ってください。
  • 入院中の飲酒、賭博行為、院内での喫煙その他、他の患者さまに迷惑を及ぼすような行為は固く禁じております。
  • 病院管理に支障をきたしたり、規律を乱す行為があった場合、退院していただくことがあります。
  • 火災予防上、入院中電熱器具類は使用できません。
  • 病院の設備および物品を破損された場合は実費で弁償していただく場合がございますのでご了承ください。
  • 携帯電話、通信機器は医療機器が電波障害による誤作動を起こす可能性がありますので、病院内でのご利用はご遠慮ください。
  • 入院中の電動車イスの使用はご遠慮ください。
  • 当院は『カード式テレビ』を各ベッドサイドに設置しております。テレビカードの購入は5階、6階、7階の自動販売機でお願いいたします。退院の際など、テレビカードの残額は1階の精算機で精算できます。
  • 火災などの緊急事態が発生したときは、医師、看護師、その他の職員の指示に従ってください。
  • 職員に対する金品等のお心遣いは一切ご無用に願います。
  • ご意見等がございましたら各病棟師長へ申し出てください。もしくは各階ロビー及び1階正面玄関風除室内のご意見箱へ意見を記入してお入れください。患者さまからの貴重なご意見を謙虚に受けとめ、職員一同より良いサービスの提供に努めてまいります。

医療相談室

Consultation

医療相談室

当院では、患者様に安心して医療サービスを受けていただくため、総合的な窓口として「医療相談室」を設けております。
専門の相談員(医療ソーシャルワーカー)が、社会福祉の立場から患者様やご家族の様々ご相談を承り、一緒に考え、解決へのお手伝いをさせていただきます。

このページのトップへ戻る