栄養給食科

臨床栄養管理

Nutritional management

管理栄養士

私たち管理栄養士は、特別な栄養管理が必要と医師が判断した患者様について、栄養状態の評価を行い、該当患者様ごとの栄養状態・摂食機能および食形態を考慮した「栄養管理計画」を作成しています。個別に患者様のもとへ伺い、病院食(治療食)の説明や相談、栄養指導などを行っています。その中でも必要な患者様に関しては、医師・看護師をはじめとした他職種と話し合いながら栄養管理の評価・計画を進めています。

栄養食事指導(入院/外来)

Dietary instruction

栄養食事指導

医師が食事療法が必要と認めた患者様に対し、医師の指示に基づき、療養のために必要な食事指導を行っています。例えば糖尿病・高血圧症・肥満症・維持透析など、疾患にあわせて、患者様の生活背景・食習慣を考慮しながら食事指導や食事計画を提案しています。

外来 栄養相談・指導実施時間(約20~40分程度/1件)

午前診療時間
※予約・または当日受付可
月~土曜日 
夜間診療時間
※完全予約制
第2・4金曜日 
その他
栄養指導・相談
  • 「特定保健指導」:当院で検診を受けられた方のうち生活習慣病のリスクを持つ方への指導
  • 「人間ドック」を受けられた方への食事相談
  • 「糖尿病透析予防指導」:外来通院されている糖尿病性腎症と診断された患者様に対し、医師・看護師と連携をとりながら定期的な生活・食事指導も行っています。

ご希望される方は、主治医、もしくはお近くの職員までお声かけください。

病院食・食事提供

Meal

温冷配膳車
温冷配膳車

入院中の患者様に対し、治療の一環として食事を提供しています。
当院では温冷配膳車を導入し、衛生管理を図り、冷たい料理は冷たく・温かい料理は温かく、適切な温度で食事を配膳しています。患者様の嗜好やアレルギーに考慮した食事対応も行っています。
病院食は、特別な制限のない「一般食」と、治療に必要な制限をしている「特別食」にわけられます。

常食
常食
行事食(ひなまつり)
行事食(ひなまつり)

特別食は、糖尿病や痛風、肥満などを考慮した「エネルギーコントロール食」、心疾患や高血圧に考慮した「心臓食/高血圧食」(減塩)、腎疾患や透析を受けられている方への「たんぱく質コントロール食」「透析食」などをはじめとし、8種類設定しています。
また、摂食嚥下状態を考慮した食形態の対応(きざみ食・つぶし食・ミキサー食など)も行っています。その他、患者様の病状や嚥下機能などを考慮し、栄養補助食品を数種類採用し、活用しています。
患者様に季節を感じていただけるような特別なお食事として、「行事食」を提供しています。(例:お正月、節分、ひなまつり、こどもの日、七夕、敬老の日など)

チーム医療/他職種との連携・委員会活動

Cooperation

チーム医療、他職種との連携・委員会活動

他職種とのカンファレンスや回診なども行い、チーム医療へ参画しています。

  • 褥瘡対策チーム
  • 栄養サポートチーム(NST)
  • 糖尿病透析予防指導/糖尿病チーム
  • 各種委員会:感染対策、医療安全、専門教育、栄養管理委員会 など
このページのトップへ戻る